自然災害の予兆を見える化し少しでも早い災害対応

自然災害の被害を少しでも軽減するために

自然災害大国とも呼ばれる日本。
自然の猛威を食い止めることはできませんが、災害に
至る過程には見落としがちないくつもの予兆があります。

そうした予兆を少しでも多く検知し見える化することで
被害に備え、対応の初動を早めることができます。

  • 洪水の被害に備える
    洪水の被害に備える
    水位計や雨量計のデータをクラウドサーバで記録。現地の気象予測とも絡めながら増水の危険性をいち早くキャッチ。
  • 倒壊・崩落の被害に備える
    倒壊・崩落の被害に備える
    高感度の振動計(加速度計)を使って微細な変化をクラウドで計測。ビルや橋梁といった構造物から、軟弱地盤や急斜面など幅広く対応。
  • 土砂災害の被害に備える
    土砂災害の被害に備える
    土砂崩れや土石流のほか、火山噴火による降灰などもカメラで観測。センサーだけではカバーしきれない広い範囲をつぶさに把握。

見える化とは?

IoTで災害の予兆を自動でお知らせします。

各種センサー、警報機器、制御装置などを、モバイルデータ通信機能を搭載したデータロガーを介してクラウドサーバにつなげることができるため、さまざまな観測や制御を、いつでも・どこからでも・きめ細かく管理できます。
しかも、既存設備の大半はほとんどそのまま活用できるため、導入コストを安く抑え、設置や運用開始までのプロセスも早められます。
機器とサーバは専用回線による閉域網で接続するため、強固なセキュリティが確保されており、行政システムに求められる高い安全性を実現できます。

災害を検知

今までのシステムとの違い

これまで多くの防災関係機関で採用されている従来型の防災システムと比べ、
当社のソリューションにはさまざまなメリットや違いがあります。

  • 価格
    • 設置工事に伴う配線工事費が不要。
    • データ処理用のサーバの構築費・維持費が大幅にダウン。
    • 監視用の新たな設備投資が不要。
    • より多くのセンサーを配備することが可能。

    詳しく見る

  • 準備期間
    • 導入から運用開始に至るまでのリードタイムを最小に抑えることができる。

    詳しく見る

  • 設置範囲
    • 広い範囲をカバーできるため、より迅速に、より多角的な災害情報を得ることができる。
    • センサーの設置密度を高めれば、より精度の高い検証や予測を立てることができる。

    詳しく見る

  • 導入の手順
    • 設置における手間を現地側・端末側それぞれで最小限に抑えることができる。
    • 従来要していた設置費用(人件費)を大幅にカットできる。
    • 運用開始までの期間も短縮できる。

    詳しく見る

  • 機能性
    • 設計段階で想定してないような機能も取り込める。
    • 拡張性を備えている点は将来的に大きなメリットとなる。

    詳しく見る

エコモットの技術が防災の見える化を支える

現場を「見える化」して、今どのような状況であるかを判断するには、
正しい情報がいつでも・誰でも・すぐにわかるということが重要です。
しかし、災害という厳しい自然環境下において、
精密機器だけでそれを安定的に実現するのは容易なことではありません。
当社のソリューションは、多くの経験や実績で培った高い技術力によって支えられています。

  • モバイル技術
    高い信頼性
    当社はKDDIモバイルソリューションパートナーとして10,000回線以上を保有し、IoT黎明期から通信制御分野で数多くの実績を残してきました。
    KDDIは周波数帯域やカバーエリアから見て、郊外における通信に主要キャリアで最も安定性を有し、有事においても高い信頼性があります。
  • クラウド技術
    柔軟な対応力
    現在当社が運用しているソリューションでは、2,000台を超える通信端末から、さまざまなデータが絶え間なく送信され続けていますが、クラウドの特性を生かした抜群の安定性で、瞬時にデータを処理することができます。
    高い拡張性も有し、システムの機能性向上にも柔軟に対応することができます。
  • センシング技術
    安心の稼働性能
    1つとして同じ環境が存在しない土木関連工事において、延べ4,000以上の現場でさまざまなセンサーを用いた安全対策等を行ってきました。
    同じ計測をするにも現場環境が違えば仕様や条件が大きく異なりますが、これまで蓄積してきたノウハウでシステムの継続的な稼働を実現いたします。

特許・受賞実績

詳しくはこちら

ソリューションパッケージ

  • 簡易水位計測クラウド監視システム

    河川や湖沼の異常増水監視に最適。
    集中豪雨被害から人命や財産を守る。

    詳しくはこちら

  • 振動計測クラウド監視システム

    目に見えぬ建築物・構築物の微細なダメージを把握。
    倒壊事故に備える。

    詳しくはこちら

  • 簡易監視カメラシステム

    現地の様子をライブ映像で確認。
    写真や動画はクラウド上に保存できる。

    詳しくはこちら

  • 高持続性小型燃料電池

    場所を選ばず発電性能も長持ちの電源装置。
    災害現場で特に効果を発揮。

    詳しくはこちら

こちらで紹介しているソリューション以外にも
課題に対して最適なソリューションをご提案させていただきます

資料請求、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

お電話でもお気軽にお問い合わせください

0120-985-368